賃貸住宅の家賃・礼金などの交渉術について、詳しく解説するサイト『賃貸の条件交渉術』

●●●敷金・礼金●●●

【礼金の交渉】

賃貸物件で、家賃の次に交渉しやすいのが礼金です。
礼金は賃料の2ヶ月分となるのが一般的ですが、この2ヶ月分を1ヶ月分になりませんか、
と交渉してみる価値はあるでしょう。
月々の家賃は値下げできなくても、礼金をまけてくれる可能性は十分にあるのです。
仮に家賃6万円の物件の場合、家賃を2千円下げてもらえたら2年間で4万8千円お得に、
一方礼金を1ヶ月まけてもらえたら6万円お得になります。
住む期間によっては、礼金を1ヶ月分まけてもらったほうが得になることも多いのです。

【家賃か礼金】

家賃と礼金の交渉を同時に行うのはあまり得策ではありません。
家賃も下げて、礼金もまけてくれ、という人には部屋を貸したくなくなるのです。
ですので仮に家賃の交渉が上手くいった場合は、礼金の交渉はやめておきましょう。
家賃の交渉が失敗だった場合は礼金の交渉するのは問題ありません。

【敷金の交渉】

敷金が下がれば初期費用がその分少なくなりますし、預けている敷金が少なければ退去時、
気分的に楽になれるでしょう。
ですがこの敷金は、貸主にとってみれば退去時に何かあった場合の保障を得るために預かる
お金ですので、交渉しても下がる可能性はかなり低いと思われます。
貸主にしてみても敷金の交渉をしてくるような人は入居を断る可能性もありますので、敷金
の交渉は控えたほうが無難です。

【仲介手数料の交渉】

仲介手数料は賃貸物件を紹介してくれた不動産業者に支払うお金です。
家賃の1ヶ月分が一般的ですが、この仲介手数料は不動産業者にしてみれば大切な収入源と
なりますので、この仲介手数料を値下げ交渉すると不動産業者としては、他の不動産業者で
探してください、となってしまいます。
ですので、仲介手数料の交渉は控えたほうが無難でしょう。