賃貸住宅の家賃・礼金などの交渉術について、詳しく解説するサイト『賃貸の条件交渉術』

●●●条件交渉●●●

【賃貸住宅の条件交渉】

部屋をいくつか見ていく中で気に入った物件があれば入居申込みをすることになりますが、
家賃などの条件を交渉したい場合は入居申込前に行わなければなりません。
入居申込には、家賃・敷金・礼金などを提示された条件で申し込むという意味合いがあり、
入居審査に通ったということは、貸主もその条件で貸しましょうということになりますので、
審査に通った後に条件交渉しても上手く行かないことがあるからです。
また入居審査が通れば不動産管理業者も契約書等の作成に取り掛かります。
審査通過後に条件交渉すると、貸主や不動産管理業者などに迷惑をかけることにもなります
ので、条件交渉は入居申込み前に行うようにしましょう。

【不動産業者にお願いする】

基本的に条件交渉は、入居予定者→不動産業者→貸主のように行われます。
貸主には不動産業者から条件交渉を行ってもらいますので、どの程度までなら交渉可能か、
不動産業者と相談して交渉をお願いしましょう。
また入居審査は貸主の判断によりますが、実際には不動産管理会社が大丈夫と言えば貸主も
それに従うケースが多いようです。
ですので業者に対して常識外れで無理な条件交渉をお願いしたり、横柄な態度で条件交渉を
提示したりすると、条件交渉どころではなく入居審査に悪い影響があります。
最近では条件交渉を行うのも珍しくなくなってきましたが、貸主によっては条件交渉をする
ような人は好まず、入居はお断りしている場合もあります。
ですので、本当に住みたい部屋が見つかった場合は、無理な条件交渉は控えたほうが無難
かもしれません。

【条件交渉の具体例】

「家賃3千円値下げしてくれたら申し込みます」
「もう少し家賃下がりませんか?」
「礼金2ヶ月分を1ヶ月分にはしてもらえませんか?」